Monday, December 5, 2011

information/data

コンピュータ系の文章で、「~情報」というのがよく出てくるけれど、これを英語にすると、information が不加算なので、ちょっと面倒なことがある。
つまり、加算名詞的に使いたい場合、a piece of information とかにする必要がある。
でも、information は、不加算と決まっているので、まだわかりやすい。

data はもう少し複雑だ。 もともと、datum という単数形があり、その複数として data なわけだから。。datum として単数表現すればよさそうだけれど、最近では、a data という加算単数扱いまで見かけるし、自分で書く場合のスタンスが難しい。

手元にある『ビジネス技術 実用英語大辞典(第4版)』の data の項には、
datum の複数形ではあるが, 多くの場合, 特にコンピュータ分野では必ず, 物質名詞のように不可算・単数の扱いをする.
とある。

『ジーニアス英和大辞典』だと、不加算とまでは言い切ってないものの、「1つ」「2つ」と数詞がつく場合には、不可算名詞として扱うとのこと(つまり、a piece of data の型)。

ふつうに不加算名詞であるならば、"data is" とか書けるわけだけど、これを嫌って、必ず"data are"にするという流儀もある。

初出の場合(定冠詞がつかない場面)で、
  •   a   data is
  • (無冠詞)data is
  • (無冠詞)data are
のどれを使うべきか。

a piece of, two pieces of という表現が定着している以上、information と同じに、不加算単数扱いとしたいところなんだけど、どうしたものか…


ちなみに、上記『ビジネス技術…』は、第5版が出てるらしい。

No comments:

Post a Comment