Monday, January 30, 2012

Wordfastをふつうに…

Wordfastの使用法をいろいろ試してみているのだけど、やはり本来の翻訳メモリとして使ってみようということで、実際にやってみた。繰り返し表現が多い案件で試してみたので、後半からは頻繁にマッチして、なかなか面白かった。ひとつの案件については、表現が統一されている方がよいので、これまでも、既出表現を手動でコピペして書き換えたりしていた。なので、翻訳メモリで自動的に関連表現が拾えると楽だ。

ちょっと気になったのは、グロサリのこと。例えば、「携帯電話端末」と「携帯電話」というように一方が他方を含むような用語を登録した場合、同一センテンスに双方が出てくると、片方しか認識してくれないという現象があった。どちらか一方だけであれば、きちんと認識されるのだけど。。

まだちゃんと使いこなしていないので、どうにかする方法があるのかもしれない(そうであってほしい…笑)。仮にこれが仕様だとしたら、かなり問題だと思うのだけど…。

(やっぱり、標準的なTradosとかを試してみないとダメかも…?)

もっとも、翻訳メモリ機能を使わなくとも、WordfastのTranslate機能で、原文-原文ペア(一方が隠し文字)を作り、Wordの機能で、隠し文字以外を用語置換していけば、作業用の原文-原文ペア(他方が用語置換済み)ができる。これを使えば、画面上でチェックもしやすいし、対訳データも蓄積できる。この範囲なら、ライセンスを買わなくとも無料で使える。それから、エクセルとの連動も確認できた。特許の案件ではあまり関係ないけれど、他の分野で、繰り返し表現の多いエクセルファイルをもらったら、Wordfastでやることになると思う。

Tradosも最初の1年間だけなら安価で使えるらしいので、いずれ試してみたい。ただ、最近のプラットフォームは、対訳を左右に並べる方式らしいので、そのあたりが気になる。和文と英文は、同一文内の語句の配置がかなり離れたりするので、左右に分けるより、上下にしてもらったほうが、目で追いやすいと思うのだけど…。とはいっても、旧版には廉価版が設定されていないので、試すなら最新版ということになるだろう。

これまでやってきた「用語置換+並べ替え」というやり方で、訳抜けも減ったし、かなりスピードが上がった。でも、和英混在の奇妙なテキストを相手にするので、作業自体は、あまり気持ちの良いものではない。それに、気をつけないと、上辺だけの理解で帳尻を合わせる様な、奇妙な作文になってしまう気がする(私だけかもしれませんが…笑)。

原文もなく、OCRも取れないような案件で、昔のようにベタ打ちしていると、ペースは上がらないし、用語統一とかにも緊張するのだけど、作業自体は楽しい。やはり順に入力していくのが、「言葉」の作業として自然なのだと思う。効率を上げつつ、気持の良い作業ができないものか、今年は試行錯誤してみようと思う。

No comments:

Post a Comment