Friday, August 31, 2012

数量表現


特許や技術分野の和英をしていると、英語の数量表現が気になります。この仕事を始めた頃、エイバックの特許翻訳上級コースというのを受講したのですが、そこで、講師の奥山先生が、特許翻訳に役に立つ参考文献を何冊か紹介してくれました。そのときに、(具体的な書名ではなく)富井さんの数量表現の本…という感じで、推薦されていたので、当時流通していた『技術英語数量表現辞典』を買いました。以来、度々参照しています。これはもう絶版のようですが、他にも沢山著作があるので、おそらく類似のものがあるでしょう。

最近、また英語を勉強しないとということで、積ん読を発掘したり(笑)、購入したりと、いろいろやってるのですが、先日、トム・ガリーさん監修の『英語の数量表現辞典』 を買ってみました。

 以前、『英語のあや』というエントリーにも書いたように、トム・ガリーさんの本がとても勉強になりました。そこで、他になにか読もうと調べてみたところ、この辞典が一番役に立ちそうだったので、買ったような次第です。本の性質上、通読するわけにもいかないのですが、ところどころ読んでみると、なかなか面白いです。今後は、これも度々参照したいと思います。

やはり、『英語のあや』に書いてあった、『30年間で英語の達人になろう!』という本を、どこかで出版してほしいですね(笑)

No comments:

Post a Comment